イベルメック(チュアブルタイプ)って何が違うの?

イベルメック(チュアブルタイプ)って何が違うの?

petkusuri

これまで錠剤タイプのフィラリア薬を動物病院でもらっていたのですが、イベルメックやカルドメック(ハートガード)ってチュアブルタイプですよね?

 

何か違いますか?気をつけることなどあれば知りたいです。

 

petkusuri

これまで錠剤タイプのフィラリア薬はどうやって飲ませていたのかがわからないのですが、

 

チュアブルタイプはお肉のフレーバーがするのでほとんどの子はおやつ感覚でパクッと食べちゃうものです。

 

 

錠剤タイプだと何か柔らかい食べ物やおやつにつつんで飲ませていたかもしれませんね。

 

チュアブルタイプっていうのは、チョコレートのダースってあるじゃないですか?

 

あんな形なのです。そういえば色もちょうどそんな感じです。

 

 

 

体重に合わせて薬の飲む量が違うのは錠剤タイプのものと変わりません。

 

イベルメック・カルドメック(ハートガード)には、小型犬用、中型犬用、大型犬用とあるのでわんちゃんの体重に合わせて選びます。

 

 

 

飲ませるのは1月に1回ごと、

 

飲ませる期間は蚊が飛び始める前から蚊を見かけなくなった翌月あたりまでというのが一般的です。

 

いままで動物病院から買ったフィラリア予防薬を使っていたとのことなので、飲ませる頻度や期間などは変わらないです。

 

 

少しだけ気をつけるとすれば、イベルメックはわんちゃんが食べやすいように、飼い主さんが食べさせやすいように。と牛のフレーバーが使われているので牛アレルギーがあるようならお勧めしません。

 

補足として説明しておくと、イベルメックはイベルメクチンという有効成分が使われているのですが、これは日本の動物薬メーカーフジタが製造しているものでネットで買うことはできません。

 

イベルメックとカルドメック(ハートガード)は同じ成分で同じフィラリア症予防薬なので違いがわかりにくいのですがカルドメック(ハートガード)が先発薬でイベルメックが後発薬(ジェネリック)となります。

 

カルドメックののジェネリック品であるダイロハート、キウォフハート、ストロングハートやカルドメックの海外版(名称が違うだけで中身は同じ)なら通販で買うことができます。