イベルメック通販 犬の薬とフィラリア予防薬

イベルメックの通販とフィラリア予防

petkusuri

 

イベルメックはイベルメクチンを主成分とするフィラリア予防薬です。

 

フィラリア予防薬はこのイベルメクチンを主成分とするイベルメック以外にもミルベマイシンやモキシデックなどを成分としたフィラリア予防薬もあります。

 

この中でもイベルメクチンは、効果的にフィラリアの駆除・予防ができることから多くの犬のフィラリア薬に使われています。

 

 

フィラリア予防はいつからいつまで?正しく使いましょう

 

フィラリア予防薬の必要な時期は蚊の多い6月から11月と言われていますが、

 

地域によっては暖かく早い時期から蚊が飛んでいたり秋でも生き残ってる場所も多いです。

 

温かい地域ではもう少し早めから飲ませるなど環境に応じて対応をすることでしっかりとフィラリア予防をすることができます。

 

 

フィラリア予防薬はシーズン初めの血液検査でフィラリアが見つからなかった場合は、すでにパッケージングされたお薬を飲ませるだけなので、

 

フィラリア予防薬をできるだけ節約したい方や浮いたお金でおやつなど他に回したりできるのでネット通販を利用する方が増えています。

 

 

petkusuri

petkusuri

 

 

 

イベルメックと他のフィラリア予防薬との違い

 

イベルメックはカルドメックとならび多くの犬のフィラリア予防に使われています。この2つの主成分はイベルメクチンで、その他多くのフィラリア予防薬でも使われている成分です。

 

イベルメクチンがあまり体に合わない場合やすでにフィラリアになってしまっている犬には、モキシデックやミルベマイシンを使用したりします。

 

 

フィラリア予防薬は犬の体重に合わせて適量を使用することが大切です。

 

イベルメクチンなどフィラリア予防薬は1つずつ1か月分飲ませやすいように作られているので飲み忘れだけ注意しましょう。

 

 

イベルメックは通販で販売されてないのでカルドメックやジェネリック品を代わりに購入する

最近は通販でいろいろな犬や猫の薬が販売されています。

 

イベルメックは基本的には獣医さんで処方してもらって買うお薬なのですが、イベルメクチンを使ったフィラリア予防薬カルドメック、カルドメックのジェネリック品はネット通販でも買うことができます。

 

 

イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品ですが、イベルメック以外にもダイロハート、キウォフハート、ストロングハートなどのカルドメックのジェネリック品があります。

 

フィラリア予防薬の違いはどれを選んでもフィラリア予防は変わりませんが、回虫や鉤虫などの寄生虫の駆除作用などの違いがあります。

 

イベルメックと同様のフィラリア予防薬の中で、できるだけ費用を抑えたい場合はダイロハートが安くてお手頃です。

 

petkusuri

 

≫≫   毎年のフィラリア予防薬代が動物病院の半額以下に!?「ペットのくすり屋さん」

 

イベルメックとカルドメックは同じ

イベルメックはカルドメックのジェネリック医薬品なので、基本的にイベルメックとカルドメックはほとんど同じです。

 

 

 

ちなみに、イベルメックは実はカルドメックと少しだけ違う部分があります。

 

それは国産の肉を使用してるのがイベルメックであり、米国産の牛肉を使用してるのがカルドメックです。

 

もともとはカルドメックが発売されていましたが、カルドメックの特許が切れたために日本の会社が作ったのがイベルメックで、

 

カルドメックが先に作られていたものを成分などをまねて作ったのがイベルメックです。

 

 

このように、ジェネリック医薬品は薬の主成分はそのままでその他の薬としての部分以外のコーティングや付加されているものが違っているもののことを言います。

 

 

イベルメックはカルドメックのジェネリック品ですが、その他にもダイロハート、キウォフハート、ストロングハートなど同じ主成分のフィラリア予防薬があります。

 

お薬の形状によっては犬が薬を飲んでくれない。というお話しも良く聞きますが、そのような場合は錠剤タイプのものをチーズなどおやつにしのばせてあげたりすると食べることも多いので便利に使えるものを選ぶのもおすすめです。

 

イベルメック通販 犬の薬とフィラリア予防薬

 

 

通販購入前に必ず獣医さんに相談を

イベルメックの使用に関して通販で購入する前に必ず獣医さんに相談しましょう。
イベルメックに限らず、フィラリア予防薬は正しく使わなくてはなりません。
というのもフィラリアは単に駆虫すれば良いだけではなく、フィラリアの成虫が体の中にいた場合は、その死骸が血管に詰まるなど重大な問題を犬の体に引き起こす可能性もあるからです。
今は通販で気軽に犬の薬も購入できるようにはなりましたが、使用前にはフィラリア検査をきちんと行ったり獣医さんに相談できる環境が大切です。
他ではあまりこのことについて書かれてないのですが、やはり犬はパートナーであり、家族です。
せっかくの薬で体調を崩したり万が一命の危険にさらしてしまうこともあります。